2014-08-20

Processing for AE

AE CC 2014でのHTML5パネルの開発導入の記事に詳しいですが、AEではCC 2014よりHTML5パネルが導入されHTML5を用いて色々なことが出来るようになりました。一方、Processingは、メディアアート、ビジュアルデザインに特化したプログラミング言語及び統合開発環境ですが、Processing.jsとしてJavascriptに移植されています。HTML5パネル及びProcessing.js、この両者を組み合わせることでAE上でProcessingを気軽に扱うことを目指します。


コード自体はProcessing.jsから引っ張ってきたもので、円をマウスに追従させています。マウスの位置はポイント制御エフェクトにベイクすることも出来ます。


レイヤーを指定し、そのレイヤーに掛けられたエクスプレッション制御エフェクトの値を取得する仕組みも追加しています。この例では、mypoint(ポイント制御)、mycolor(カラー制御)の値を取得し各々円の位置、色に指定しています。

詳細

他にリソースも気軽に扱えたりするので、詳しくはhttp://atarabi.com/kikaku/script/processing/のページを参照ください。

http://atarabi.com/kikaku/script/processing/#download



タグ : , [タグを追加する]


この記事の投稿者について:かれをばな

フィードバック

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(評価回数:5 , 平均:4.20)
Loading...Loading...

この記事に対する 1 の反応があります


  1. 1 Nimish 8月 27th, 2015 at 03:56

    I amazed to see how you have integrated procesingJS in after effects. I have tried to find more about it but I could not find anyone has ever done this.
    I am still learning javascript to improve my work efficiency in after effects and only recently came across processing program.
    IF you can write or make a vide tutorial on how you integrated processingJS in after effects would be a real help to the community.

コメントをどうぞ!




特集