2015-07-07

CS5とCS5.5でlistboxのnumberOfColumnsで出るエラーの対処法

winObj.list = winObj.add(“listbox”,[10,140,990,790],”list”,
{multiselect:true, numberOfColumns:3, showHeaders:true, columnTitles:['リスト1','リスト2','リスト3'],columnWidths:[190,330,440]} );

上記の記述だとCS5とCS5.5ではエラーとなります。

winObj.list = winObj.add(“listbox{bounds: [10,140,990,790], properties:{multiselect:true, numberOfColumns:3, showHeaders:true, closeButton:true, columnTitles: ['リスト1','リスト2','リスト3'], columnWidths: [190,330,440]}}”);

上記のリソーステキスト形式で記述すると正しく表示されます。
listboxではリソース形式を使うようにした方が良さそうです。

CS4とCS6ではこの問題は起きません。
きちんとアナウンスがされておらず、困った仕様です。



この投稿にタグはありません。タグはどなたでも追加出来ます![タグを追加する]


この記事の投稿者について:ru_izw

フィードバック

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
評価がまだありません。この記事はどうでしたか?
Loading...Loading...

この投稿への反応はまだありません。
気軽にあなたのコメントやトラックバック、Twitterでのつぶやきを投稿してみてください。


  1. No Comments

コメントをどうぞ!




特集